集中力を操れ!

LiB-PersonalFitnessRoom- 目白店 コンディショニング担当のYOSHIKIです!

いきなりですが質問です!

あなたは『集中力』を高めたい時に何をしますか?

もし小さな子供に『しゅうちゅうりょくってなーにー?』と聞かれたら、どのように説明しますか?

皆さん1度は『集中しなさい!』と学生時代に先生や監督、コーチに『集中してやりなさい」などと言われたことがあるのではないでしょうか?

僕はあります。そしてこう思ってました『うるせーな、集中ってなんかちゃ』

(〜ちゃ というのは北九州の方言です笑 標準語で言い換えると 〜だよ という意味です。)

反抗期ではありませんよ?笑 本気でそう疑問に感じていました。

今回は集中力の高め方についてお伝えしていきます。

集中力とは

  • 簡単に言うと『ひとつの事に意識を持っていくこと』
  • そして『今すべき事に意識を集中させる力』

つまり集中力とはライトのようなものです。

では問題です!どんなライトでしょう?

  • 1.蛍光灯
  • 2.スポットライト
  • 3.フラッシュライト

正解は2のスポットライトです。

一点だけを照らし出すスポットライトと集中力はよく似ています。

スポットライトは一度にたくさんの場所を照らし出すことはできません。集中力も同じように一度にたくさんの事に集中することはできません。一度にたくさんのことをしようと混乱している状態が、集中していない状態=『過集中』ということになるのです。

例えばスポーツや自転車の運転中は、一度にたくさんのことをしています。

ボールを蹴る。周りを見る。バランスをとる。ペダルを漕ぐ。…など、これらの動作は日々のトレーニングによって可能になるわけですが、そこに普段と違う考え方や動作、歓声や指示などが入り込むと、だれしも集中し過ぎた状態になります。

まさにスポットライトが動き回って、照らすべき事に焦点が定まっていない状態です。

理想的な状態とは言えません。また、広範囲を照らそうとすると、絞りがきかずに薄暗くなってしまいます。この時の状態が集中力散漫です。やる気も低く、だらだらしているときの状態の時がこれに当たります。これも理想的な集中とは言えません。

集中力を高めるには?

集中力を高めるにはその時すべき事を明確に、迷いなく意識を向ける事が重要です。

例えば呼吸。今の呼吸を確認してみてください。どんな呼吸をしていますか?

次に自分の座っているまたは立っている時に、自分の重心がどこに乗っているのか感じ取ってみてください!

いかがですか?自分の重心を感じ取ることが出来ましたか?

 この時!今!何を考えていました?今日の晩御飯の事を考えていましたか?仕事の事考えていましたか?きっとそんな事考えなかったはずです。

皆さんは呼吸と重心に意識を集中していたのです。無駄なことを考えていたりマイナスなイメージを持ったり、しなくていいこと、考えなくていいことを考えている状態が集中できていない状態と知れば、あとは気持ちを切り替え『今すべき事に集中』することができるはずです!

集中力の高め方をご紹介!

・時計の中心をジーッと見つめてください。人間は一点を見つめると集中することができます。

・目を閉じて、頭の中でゆっくりと10数えてください。目を閉じることでリラックスしやすくなります。

・お腹の空気をスゥーっと口から吐き出してから、ゆっくり深呼吸してみてください。さらにリラックスすることで、頭もすっきりし、集中力を高めることが出来ます。

・頭の中で、マイナス思考をくしゃくしゃに丸めて、ゴミ箱にポーンと投げているイメージを作ってみてください。綺麗な曲線を描いてゴミ箱に吸い込まれていくイメージです。3回やってみましょう。成功のイメージを作り集中力が高まります。

是非、実践してみてください!

いかがだったでしょうか?

集中力は自分で操ることが出来ます!

自分が向けたいところへ意識を向けていけるよう工夫していきましょう!

 この記事を書いたのは
整骨院LiB-PersonalFitnessRoom- 岩城慶樹



バナーをクリックするとSNSの
リンク集へ飛びます(*´-`)ゼヒ

関連ページはこちら

各種メニュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP