30代から始めるカラダマネジメント

LiB-PersonalFitnessRoom-ふせっちです

20代までは勢いだけで乗り越えられていたことも

30代以降はなかなか難しいですよね・・・

年々カラダは衰えていきますが、そのスピードをどうコントロールするか

ジェット機並みのスピードで老化するより、歩いているスピードで老化する方が良いですよね

常に今の自分が1番!!!

と言うために必要なのが

“カラダマネジメント”

< 目次>

1.アクティブレストで週末を充実させよう!
2.食生活の問題点に気づこう!
3.30歳は人生のターニングポイント

1.アクティブレストで週末を充実させよう!

スポーツ界ではよく使われる言葉ですが、世間的には馴染みがないですよね。

簡単に言うと「積極的休養」です。

カラダを軽く動かしながら休養効果を高めるといったやり方法です。

「休養」というと、何もしないでカラダを休めるといったイメージが強いですが、昨今の研究結果では

軽くカラダを動かしたほうが疲れが取れやすいことがわかっています。

仕事では神経疲れ、メンタルの部分に対してもかなりのストレスがかかっているため、週末カラダを動かすと

すっきりリフレッシュでき、ゴロゴロ寝ているよりも精神的な疲れも解消されます。

カラダを動かすことにカラダとココロのコンディションが整えば仕事のパフォーマンスも上がる!!!

どうですか?ちょっと週末カラダ動かしてみようかなと思いましたよね?(笑)

2.食生活の問題点に気づこう!

誰もが食事の大切さは理解していると思いますが

ちょっとした食習慣の違いが長年積み重なると病気のリスクにも繋がってしまいます。

手っ取り早いのは、身近にいるカラダづくりをしている人と一緒に食事に行くことです!!!

そこでその人に料理の注文を任せてしまうのです。そうするとカラダづくりをしている人たちが

普段どんなものを食べているのかがわかります。

それを今度は、1人でお店に行った時や他の人と行った時にそのオーダーを真似て頼むようにします。

習慣は急には変えられませんが、問題点に気づくだけでも食生活が変わる糸口になるはずです。

3.30歳は人生のターニングポイント

30歳になると仕事もプライベートも余裕が出てきて楽をすることを覚えます。

それと引き換えに体力も基礎代謝も落ちて体型が乱れてきます。このタイミングで意識改革をおこない

カラダマネジメントを始めるかどうかで、40代50代の生活が決まってきます。

「どうせできないからいいや」ではなく

「とりあえずやってみようかな」にしてみましょう。

「とりあえず、土曜の朝6時から散歩でもしてみようかな」でも構いません。

そうすると、土曜日の朝早く起きるために金曜日は夜遅くまでお酒を飲んだり、だらだらと夜更かしすることが

なくなります。

それが週1日から2日3日と増えていくと自然とカラダとココロと時間にも余裕を持って生活をすることができるようになります。

まとめ

20代の時は夜更かしもできたし、仕事でもある程度無茶は出来ていましたが

スポーツ選手と一緒で、年齢に見合ったプレー(生活スタイル)に変えていかなければなりませんよね。

そのためのカラダマネジメントです。

カラダ食事をうまく管理できるようになると、時間の使い方が上手くなる。

逆を言うと、時間の使い方が上手い人はカラダ食事の管理が上手いということです。

効率良くカラダマネジメントしたい方、今すぐ同じ目的を持った仲間をたくさん作りましょう。

もし難しければ、LiBに相談してください。

LiBはみなさんの「なりたいを実現」します。

初回体験はこちらから

LINE

↓各種メニューはこちら↓

コンディショニング
コンディショニングの料金

カイロ
カイロの料金

フェイシャルコース
フェイシャルの料金

パーソナルトレーニング
パーソナルトレーニングの料金

パーソナルトレーニング
コースメニュー
パーソナルトレーニング コースメニュー

ランニングパーソナル
パーソナルトレーニング コースメニュー

EMS -楽トレ-
EMS -Eトレ-の料金

トータルコンディショニング
トータルコンディショニングの料金

交通事故・保険治療
交通事故・保険治療の料金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP