チートデイ

減量中のテクニック!食べまくって痩せる「チートデイ」とは!?

「生きるために食べる」のではなく「食べるために生きる」

佐々木です。

 

そんな私も来月のリーボックスパルタンレースに向けて減量中です。

 

でも、、、食べることは大好きだし、ずっと減量用の食事では生きていけない!

 

そんな食べること大好きな佐々木がご紹介する減量中のテクニック!

「チートデイ」についてご紹介します!

チートデイとは

ダイエット中(減量中)にいっぱい食べても良い日のことで、正しく行えばダイエットの停滞期を解消でき、逆に体重が落ちていきます。

 

えっ!?食べまくったらやばいでしょ!太っちゃうよ!と思った方。

ちゃんと理由があるんです。↓↓↓

 

チートデイで減量出来る理由

チートデイ=英語で『cheat day』
体を騙す日・ズルをする日ということです。何をどう騙すのか?

それはカロリー摂取量 です!

 

減量中はマイナスカロリーが毎日のように続きます。

摂取カロリーから消費カロリーを引いた結果、カロリー収支がマイナスになる。だから、足りないエネルギーを補うためにカラダの脂肪が使われるのです。

これがいわゆるダイエットの基本原理です。

しかし、カロリーがマイナス収支の日が続くと、体は脂肪を減らさないように働き始めるのです。
ホメオスタシス(恒常性維持機能) という機能です。
現状維持をしようとする働きのことですねー。

 

例えると

「収入が少なくなったら出費を少なくして、なるべく貯金を減らさないようにする」感じですね。
そういったときに、カロリーを一時的に多く取ることにより、 カロリーがマイナスだと言う認識を騙すのです。

 

・・・イメージできますでしょうか?

 

給料日前は凄く節約していたのに、給料が入ったとたん財布のヒモが緩んで浪費するのと同じです。
エネルギー(お金)の浪費グセを思い出させて、脂肪(貯金)をどんどん使うように騙すという事です。

 

でも実際は次の日から少なめのカロリー(収入)しか与えられないので、浪費グセによって脂肪(貯金)を切り崩してしまうという訳です。
体が節約家にならないように、収入が多いと思わせて騙すんです。

チートデイの方法

何も考えずに、ただ食べるのだけでは意味が有りません。
大前提としてあくまでも、普段しっかりとカロリー計算をして食事を取っている人が取入れるテクニックです。
カロリー計算をしたことがない人はやってはいけません。

基本的に、何を食べても問題ありませんが
食事のカロリーを調整して一度痩せて、そして停滞期になったということは、糖質やたんぱく質、脂質の不足が考えられます。

 

ですので、チートデイに摂りたい食費は「高糖質、高脂質、高タンパク質」

 

例えばラーメン(高糖質)、ステーキ(高脂質)、魚やチーズ、プロテイン(高タンパク質)など。
このようにいつもとは逆の食事をガッツリ食べて、体をびっくりさせることが、「省エネモード」の解消につながり、そして停滞期の解消につながります。

カロリー摂取量

実は「これくらい!」といった科学的根拠のある数字はありません。

よく言われるのは
あなたの基礎代謝量 × 3

なんて言われます。
※基礎代謝がわからない人はLiBに測りにきてください。笑

私の感覚にはなりますが、空腹に合わせて我慢せずに食べるというイメージ で良いと思います。

頻度

体脂肪率20%前後:2週間に1度
体脂肪率15%前後:10日に1度
体脂肪率10%前後:7日に1度
体脂肪率8%以下:3~4日に1度
このくらいでいいと思います。 ※女性は体脂肪率を7%程プラスに考えてください。
体脂肪が20%(女性は27%)より多い方はまずは定期的な運動と規則正しい食事で減量を行いましょう!

タイミング

私は、せっかくカロリーを取るなら筋肉になってもらいたいのでトレーニング後にチートを開始するようにしてます。

トレーニングを終えて、焼肉やステーキを食べに行く。
そこから24時間は食べたいと思ったものを我慢せずに食べる!

他には、飲み会や人と食事に行くような「食べなければいけない日」に合わせるといいですね!
今日チートデイしたのに、翌日また飲み会でカロリーオーバー。これでは痩せません。翌日からはきっちり節制に戻しましょう。

精神的にも効果が!

体を騙すだけでなく、精神的にも効果的です。
「何日後のチートデイに向けて頑張ろう」とか「1週間頑張ったご褒美」とか。
チートデイが終わったら、次のチートデイまで頑張る。といようようなリズムが作れます。

注意点・心がける事

・「中途半端にやらない」「しっかりカロリー摂取をする」
・実施は一日だけ!翌日から節制に戻すこと!
・普段節制出来ていることが大前提!
・三歩進んでから一歩下がって、また三歩進むという意識!
・計画無しのチートはただの暴飲暴食!

まとめ

チートというテクニックは確かに有効です。
ですが、体重減少が停滞してしまう原因によってはチートデイを行う必要はありません。

まずはチートデイをやるべきか、やらないべきなのか。しっかりとチェックしましょう。

そしてチートデイをやる場合、ココでお伝えした方法で実践してみてください。
すると、ダイエットの停滞期を脱出し、以前のように体重が落ちていくようになり「食べて痩せる」を実現することができます!

 

・・・とはいえ「チートが必要か自分で判断する」というのはかなり難しいです。
失敗すると大きな体重増加につながります。

ダイエットが停滞している方は、まずはLiBにお越し頂きご相談くださいね(^^♪
お待ちしております!

↓モニターさんの結果はこちら↓

お問い合わせ

各種メニュー

その他オプション

インボディ検査   ¥1,000(税別)
レンタルウェア上下 ¥300(税別)
レンタルバスタオル ¥200(税別)
プロテイン 1杯   ¥200(税別)
※クレジットカード対応

お問い合わせ

  1. 佐々木恵太布施匡大平田雄貴吉田裕理整骨院LiB-PersonalFitnessRoom-
  2. 佐々木恵太 平田雄貴 整骨院LiB-PersonalFitnessRoom-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP